10月28〜30日に秋季永代経 兼 報恩講をお勤めいたします

秋の声が聞こえ、落ち葉が舞う季節が到来しました。

皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

緊急事態宣言やまん延防止措置は解除されたものの、行事や人の集まるイベントはなかなか開催しづらい状況が続いております。

まだまだ先行きの見えない社会情勢ではありますが、窓をあけて換気しやすい時期に秋季永代経と報恩講を兼ねた形で法要を勤めます。

開催日程

10月28日(木)10:00~
14:00~
10月29日(金)10:00~
14:00~
10月30日(土)10:00~
14:00~

密をさけるため、3日間6回の法要に分けてお勤めいたします。

事前予約は必要ありませんので、ご都合の良いお時間でお参りください。

ワクチンを2回接種済の方もマスク着用でのご参詣をお願いいたします。

感染症対策のため、お斎は中止とさせていただきます。

講師紹介

各回、お勤め終了後に住職挨拶とご講師によるビデオ法話がございます。

住職が運営している「布教使.com」がきっかけでつながったご縁により、大阪の浄土真宗本願寺派布教使の保田正信師に30分程度のご法話の動画を用意いただきました。

保田正信師(旧性・平野)プロフィール写真
保田正信師

年末にお伺いしているご家庭での報恩講も受付いたします

昨年の秋季永代経ではコロナの完成対策のひとつとして、11月〜12月に各ご家庭にお伺いして勤めております報恩講の勤行を受付しました。

すると、多くのお声をいただきました。

  • 法要日程が複数あると日程調整しやすくてよかった
  • 年末のお参りがしやすくてよかった
  • 本堂にはじめて来たけど、雰囲気が良かった

そこで、住職・副住職がご家庭内に入ることを不安に感じる場合や、年末の日程調整が難しいなどございましたら、お位牌や過去帳をご持参いただき、上記日程に善照寺本堂にお参りください。

その際は毎年年末に集金しております本山への冥加金も合わせてご持参いただくようお願いいたします。

事前の予約などは必要ありませんので、ご都合の良い日程でお参りください。

法要にお参りされなかった場合や、法要に参加したうえでご自宅へのお参りも希望される場合には、例年通り11月〜12月中にお寺の方からお電話をさしあげて日程調整をいたします。

マスク着用の上、ご参詣ください。