【毎日更新!(たぶん)】住職のラジオ「へんもらじお」配信開始!

樒(しきみ)を飾る意味とは?榊(さかき)との違いやそれぞれの使われ方を解説!!

こんにちは、善照寺住職のへんもです。

葬儀の時や仏事のお飾りでは(シキミ)という植物が使われます。

そこで、樒(シキミ)をお店に買いに行くと、樒(シキミ)の横には榊(サカキ)というよく似た葉っぱが売られていることがあります。

そもそも樒と榊は漢字の雰囲気も似ているし、売り場でも横に並んでいるので見分けるのに困るのではないでしょうか。

樒と榊
左が樒(シキミ)で右が榊(サカキ)

見た目もよく似ているので、すごくややこしいですよね。

本記事では樒(シキミ)とは何か?と、間違えやすい榊(サカキ)との見分け方を紹介しています。

樒(しきみ)とは

▼樒は葉や枝に独特の香りをもつ常緑樹です。

樒
樒の葉

蓮の形に似たかわいらしい白い花が咲いて神聖なイメージの木なのですが、実は根・葉・枝・花・実のどの部分にも毒性を持っているんです。

特に実は食べると中毒症状を起こすので注意が必要です。

浄土真宗での樒の使い方

浄土真宗のお飾りでは主に2つの場所で使われます。

樒を使う場所
  • お仏壇の華瓶(けびょう)でお供え
  • 臨終勤行の時のお飾り
樒を華瓶にいれたところ
樒(シキミ)を華甁(けびょう)にお供えしたところ。

家族が亡くなった時には最初に臨終勤行というお勤めをします。

そのときのお飾りには花をいれずに樒をいれてお飾りします。

その他使われ方

地域によってはお墓の花筒に樒をお供えするところもあります(愛媛県など)。

愛媛県でお墓に樒をお供えしたところ
愛媛県のお墓は樒をお供えするところが多い

樒(シキミ)が仏教で使われるようになった理由

1.蓮の花の代用として樒が使われるようになった

仏教のはじまったインドでは、泥の中に根を伸ばし、水面から美しい花を咲かせる蓮の花を悟りの象徴として扱ってきました。

樒はインドの青蓮華の葉に形が似ているため、その青蓮華の代用品として樒が使われるようになったとも言われています。

仏教には縁の深い蓮のモチーフは仏壇の装飾の随所に見ることができます。

青い睡蓮
青い睡蓮
白い蓮
白い睡蓮

▼こちらが樒の花。たしかに花の形がちょっと似ていますね。

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

畑の樒(シキミ)に白い花が咲いていました。 この木には毒があり、特に実には猛毒があるので「悪しき実」から「しきみ」になったそうです。 でも仏事には悪霊除けや臭いを消すという意味があり、お墓の花入れにはこのシキミを必ず入れます。 そんな毒があるともしらずお花はいい匂い。(のような気がする☺️) しかも12個の花弁と萼片は白くて清らか。(に見えます😅) 学名はIllicium(香りで誘惑する花)だそうですよ。😱 みなさん、美しい花には気をつけましょう! * #シキミ #樒 #シキミの花 #線香の材料 #常緑小高木 #お墓の木 #花言葉は「猛毒」「甘い誘惑」「援助」 #本当の花は3月に咲くのに変だね #実は10月の頃のはず #illiciumreligiosum #poisonousflower

Miharuさん(@miharun0217)がシェアした投稿 –

2.香木として

日本の気候では、線香の原料に使われる沈香白檀などの香木が育ちません。

そこで良い香りを発する香木の一種としてお供えされるようになりました。

また、樒は墓地の近くにも植えられていることがあります。

墓地の樒
墓地に植えられている樒

現代ほど清潔に遺体を扱うことができなかったため、遺体の臭いを抑えるのは大変な問題でした。

その樒(シキミ)の香りを使って遺体の腐敗臭を消す目的で使われたり、土葬した遺体が野犬などに掘り起こされることを防ぐためにも用いられました。

樒はそのままでも香りを放っていますが、燃やすとさらに香り(臭い?)がでます。

死臭をなんとかするためにお香や線香などと一緒に使われてきたことからも、仏事で多く使われるようになったようです。

末期の水をとる時にも樒は使われます。

3.清浄な水を保つため

樒には毒性があり、その力を利用してお供えした水を清浄に保つ目的で使われるようになりました。

お仏壇は必要?という記事で紹介している通り、お仏壇は浄土の世界のジオラマです。

仏様の世界には清らかな水があるという表現のひとつとしてこの樒をさした水が使われるようになったようです。

ご本尊の前に樒をお供えしたところ
清浄な水の表現として樒をさす

華甁には樒だけでなく他の青木を供えることもあるのですが、真宗故実伝来鈔(しんしゅうこじつでんらいしょう)という書物には「華甁(けびょう)は樒なり」とあり、樒が一番正式なお飾りとされています。

仏壇に花を飾る時は悪臭やとげのある花、毒花を避けるのですが、樒の毒性は飾りとして使われるのはちょっと不思議なところです。

樒(しきみ)と榊(さかき)の違いと見分け方

花屋さんや産直市などに仏花を買いに行くと樒(シキミ)の横には形の良く似た榊(サカキ)という青木も売られています。

樒と榊の判別
左が樒(シキミ)で右が榊(サカキ)

樒(シキミ)の特徴

こちらが樒(シキミ)。

樒の写真
樒の葉

樒(シキミ)はシキミ科の植物で葉が上から見ると放射状についています。

樒を上からみたところ
上から見ると放射状に歯がついている。

榊(サカキ)の特徴

こちらが榊(サカキ)。

榊の写真
榊の葉

榊(サカキ)はツバキ科の植物で、上から見ると平たく葉がついています。

榊を上からみたところ
榊の葉のつきかたは平べったい

榊は木+神と書きますし、神棚のお飾りなど神事に使われます。

お買い求めの際は間違えないよう樒なのか榊なのか表記をよく見て買ってくださいね。

樒(シキミ)の飾り方

樒の飾り方をはじめ、仏壇のお飾りのしかたを図解でわかりやすく解説していますので下の記事もあわせて読んでみてくださいね。